忍者ブログ
記憶の日々は、私の中に。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

SPIRITSの続編に向けて、とある物語を書いていこうかなと思います。
いわばこの物語自体が続編への伏線ですね。



・・・俺は、時々思う。何故自分はここに存在しているのか、と。
この世に神がいると仮定して、その神は何故俺をこの世に創り出したのか。

俺がもしマトランだったなら、この世界のバランスのほんの一部の部品として創り出されただろう。
俺がもしトーアだったなら、そのバランス達を守る警護役として創り出されただろう。
俺がもしツラガだったなら、前者二つの実質的指導者として創り出されただろう。



しかし。
俺は、その三つのどれでもない存在。
いや、どちらかといえば「近い」存在なのだ。
特に――――「トーア」に。


今ここにいる皆もそうだ。
彼らもまた、「人に近い存在」。
この俺と同じように。――いや、ある意味全く同じと言っても過言ではないだろう。




思えば、「人に似て非なる者」である俺たちには、初めから幸せを得る権利などなかったのかもしれない。
ここにいる、俺を含めた皆は、そんな落ちこぼれの集団。
この大陸に俺たちの場所は無かったが、それでも俺たちはこの辺境の辺境とも言うべき場所にいる。
それが、俺たちのできる最初の抵抗だったから。


スピリットとかいう者達に、いつか面と向かって言ってやりたい。
「まだ人間であるだけマシだと思え」―――と。















さぁ、始めよう、みんな。
法則に逆らい、そして幸せを掴み取ろうじゃないか。



―――そう。せめて・・・人並み以下の。









                                             「存在」完




PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
読みましたぜ b
こちらでは始めまして。シグレです。

早速ですが読ませていただきました。
これだけではよく話が分かりませんね・・・。
何が起こったのやら・・・。

『スピリットとかいう者達に、いつか面と向かって言ってやりたい』
この文章から読み取ると、この語り手の彼はスピリットではなさそうですね。


次回も楽しみにしています。
では。 ノシ
シグレ URL 2008/12/21(Sun)22:02:27 編集
何ともまぁ・・・
印象的な語り口だこと。

申し遅れました、ケンプです。
二部への伏線、ですか。めっさ気になります!

では、これにて。
ケンプ 2008/12/21(Sun)22:27:22 編集
無題
書き込みありがとうございます!

>>ケンプさん
 お初の書き込みどもですb
 第二部への伏線を張ってしまうと、あとで取り返しがつかなくなるので一番怖いです(汗
 またどうぞ~♪(ぇ

>>シグレさん
 何が起こった、ですって?(ぇ
 さぁ、それはこれらからのお楽しみです(殴
 
 ちなみに「彼」は、第二期の重要人物です(ぁ

EVERION 2008/12/24(Wed)17:58:28 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[03/08 モンブラン]
[02/04 NONAME]
[03/25 シグレ]
[03/24 ケンプ]
[03/11 EVERION]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]